ニュース

人と国を繋ぐ

今世界の国々の発展する中で大切なのは、いかに相手国を尊重し、理解し、そしてお互いの要望と利益を追求してくか。
Genellon Inc.はさらに今まで日本が出来なかったことをより明確にし世界に負けない貿易ルートの拡大を目指しています。

半世紀続く「紙ベース」の管理体制

世界の貿易貨物の90%を担う海運業では、おもにコンテナでモノが輸送されています。
コンテナが海運業に初めて導入された1956年以降、輸送用船舶は進化してきましたが、それを裏で支える事務的作業は半世紀以上たった現在も「当時のまま」だといいます。

このデジタル主流の2000年代の中で海運の情報処理はいまだに紙ベースで進めるのが一般的であり、さらに関連する部門間で連携が取れていないために、情報やコミュニケーションの重複などの無駄が発生してます。これが多くの生産性向上の妨げになっているのが現状です。
貨物にかかわる陸運業者、海運貨物取扱業者、通関業者、政府、港湾事業者、船舶会社などの情報連携が十分でないことも加わり、コンテナ輸送用の文書や情報処理にかかるコストは、物理的な輸送にかかるコストの2倍以上にも及んでいるといいます。
さらに、農産物の輸送に関しては、複数の機関からの輸出承認の署名と、原産地、薬剤処理、農産物の品質、関税などについての文書によるやりとりが必要となるため、事務手続きが煩雑化し、人的ミスをはじめとした取引エラーも少なからず発生する。

こうした状況を打破するため、IBMとマースクは、ブロックチェーンによる世界貿易のサプライ・チェーン改革に連携して取り組みを開始し
​Genellon Inc.もさらにそれらを模範にし、今後の貿易発展のために現在も取り組んでいきます

​ブロックチェーン化でより信頼度を上げる
Genellon Inc.では独自のブロックチェーンセキュリティーを開発中です。

ブロックチェーンとは?
1.ブロックチェーンはデータを分散処理していること

2.誰かが自分のデータだけ改ざんしようとしても、ネットワーク内で分散共有されているので、整合性がとれなくなるためにできないこと

3.ブロックチェーンネットワークの参加者は勝手に改ざんできない帳簿データを共有すること

2023年プロジェクト
Genellon Inc.を通して知り合ったバイヤーとサプライヤーが信頼と信用を永久に途絶えるとなく貿易取引が出来ることで一つのタダの業務でのブロックチェーンを得るのではなく
          「貿易アライアンス」
を2023年までに構築していきます。新たな貿易時代が始まるでしょう。